Search this site
<< 疑って、傷つくこと恐れて打ってた“先手” | TOP | 未来を今歩いている >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
理屈じゃない感情はいつだって逆らえない

w-inds. Live Tour 2010〜Another World
グランキューブ大阪 8/16
開場17:30/開演18:30
Thanx to★さとみ・あやか・りさ・きょん・マキ・りぃな・稚衣

今日で夏が終わる下向き下向き
なんか泣いてしまう気がする汗

体が痛くて頭痛くて朝起きれない(笑)
家を出るギリギリまで
転んでましたげっそりげっそりあ〜体がだるい‥
2日連続はハード過ぎる汗

りぃなとグッズ売り場で
神戸ぶりに会い上向き
ちょっと喋ってバイバイパー
今日の相方soonさとみちゃん
初めて会う子だしどんな子なんやろ〜
出会いはやっぱり楽しみですぴかぴか

相方来るまで時間あるし
会場をウロウロ‥
今日も2階だし昨日と
同じ景色からの眺めもな〜
と思いチケット席で見る交渉!!
何列か前に行かないと駄目だけど
どないかなるでしょイヒヒ

またりぃなと会った上向き
りさ・マキ・きょんに久しぶりに会ったモゴモゴ
見つけてくれてありがとうぴかぴか
稚衣にも会ったよ〜
そうしてたら‥相方と合流。
開演も近いしフロアへ移動し
なんとか席に行けたよパー
お互いがどう喋ろ‥みたいな
空気を出してて汗
最初はぎこちなく話してたのに
やっぱり時間が経つごとに
すぐ慣れてしまうぴかぴか
今日本当に初めて?ってイヒヒ
面白い子でした!!
w-inds.ファンに年の差
あんまり関係ないよねパー

いっぱい喋ってたら開演。

昨日よりちょっと近い!!
大阪2日目は本当に盛り上がったぴかぴか
紙飛行機飛行機に変えながら〜
私たちの席に向かってエアの
紙飛行機を飛ばして来てくれたパー
みんな暑いね〜最後やし
周りの勢いに押されてめっちゃ
声出して喉からからモゴモゴ
MCは巻き気味ですか?汗
当時の得意ポーズと今のポーズ。
涼平くんのグラビアは笑ったわーい
聞くとこは聞いて
盛り上がるとこ盛り上がってが凄くて
みんなのテンションは上がりぱなしパー
w-inds.も凄いねー!!
ずっと言ってたほど今日は
暑かったイヒヒ!!

(セットリスト)

Intercode
New World
Rain Is Fallin'
Re:vision
HYBRID DREAM
Prayer
(MC1)
Cos Of You
Don't Remind Me
Nothing is Impposible
(龍一ソロ)
(慶太ソロ)Now You're Gone
Spiral
In The Red
Everyday
(涼平ソロ)
キレイだ
(MC2)
Truth〜最後の真実
Somemore
Addicted to love
CAN'T GET BACK

(アンコール)
四季
Paradox
SUPER LOVER〜I need you tonight
(ダブルアンコール)
Forever Memories


(MC1)

「大阪にw-inds.がやって来たよ〜盛り上がってんのか!!
最後までよろしく!!龍一です」
「大阪のみなさん盛り上がってますか?
最後までいっぱい楽しんで帰ってください!!どうも涼平です。」
「大阪のみなさんこんばんは!!みなさんが楽しめるステージを作って来たので、
最後までw-inds.と一緒に盛り上がりましょう。慶太です」
「ね〜すごいね!!このままのテンションで着いて来てください」

(MC2)

「盛り上がりすごいね〜」
「気持ちいい〜」
「バーン!!」
(昨日の続きみんな倒れ込む)
「大阪は本当に倒れてくれますからね!!バーン!!」
(また倒れ込む)
「昨日もやったんですけど
大阪は違いますね〜」
「今日の朝のニュースで打たれたていうの
やると思ってたんですけどね〜」
(話が切れた頃、名前を叫ぶ中に「若親分〜!!」の声に反応)
「若親分だって!!まっつぐ
最後はどうなられましたか?」
「おかしいよ!!最後は出世しましたよ」
「w-inds.の活動から離れて一人
ドラマの撮影どうでした?」
「う〜ん大変でした」
「なんか変わったことってあります?」
「集中力が高まりました」
「僕はPV撮影ですよ。絵がね変わった!!」
「あ〜これ言ったら誤解招くからな〜僕誤解を招くこと言わないんです」
(えー!!)
「誤解を招いてください」
「w-inds.のライブは2時間に力を注いだらいいじゃないですか?
ドラマは朝から夜までだから1日演技に入り込まないとイケないから集中力は付きました」
「涼平くんはw-inds.の活動以外で何かやりたいことないんですか?」
「僕は見る専門で‥」
「龍一くんは何かないですか?」「絶対オファーなんか来ないよ」「僕だってオファー来る思ってなかったですもん。
「ドラマ決まったから」「あ、はい」すぐ外へ連れ出されて練習でしたよ」
「僕はね撮影始まった1週間後「あれ龍一くんは?」て
山に行ってる。携帯の電波も届かないとこへ。
でもオファーがあったらやってみたい」
(おー!!)
「若親分に着いて来い!!」
「お知らせがあります。
「8月4日w-inds.M Returnがデラックスとなって帰って来ました!!
w-inds.の色んな機軸を見られると思います。僕のお母さんもオススメしてました」
「最近パソコンでw-inds.の昔の写真見たんですよ。
かわいかった〜!(手を前に出して)こんなポーズしてるんですよ」
「当時w-inds.最先端のポーズだったよね」
「僕の得意ポーズはこんなでした。龍一くんは?」
「こんな感じ(手を前に出す)」
「涼平くんはどんな感じでしたっけ?」
「僕はこう(片膝立てて胸を寄せて両手を膝の上)」
「そんなポーズしてないでしょ?」笑
「なんかヤングジャンプみたい。他にはどんなポーズ得意だったの?」
「あとはこう(後ろ向いて尻を強調しながら振り返る)」
「振り向き系か〜」
「ちなみにその時何着ているんですか?」
「ビキニです」
「上は?」
「つけてました」
「大胆ですね」
「カメラマンに求められて。
あの頃が一番つらかったな〜」
「最近の得意ポーズは?」
「こうです(両腕でさらに胸を寄せる)」
「せっかくですからカメラマンがここに居ることだし
3人で撮ってもらいましょうよ」
(不思議な集団に大爆笑)
「お知らせもう一つ!!9月24日UNITED vol.3が東京国際フォーラムにて行われます」
(大阪でもやってー!!)
「やりたいんだけどね〜出演者の移動がね‥でもやれるならやりたいよね。
だけど今予定はありません!!」
「そろそろ後半戦行こっか〜盛り上がってくれますか?」
(いいともー!!)
「凄いね〜北から何処でも使えるね」
「曲行こっか〜!!」
(えーっ!!)
「切るタイミングが悪いんじゃない?」
(リベンジをしてもらおうともう一回えーっ!!)
(好き勝手に切るから‥)
「みんな息するとこがわからないよね?」
(えーっ!!)
「えっ、えっ、えっ!!」
(1ポーズ決めてフリーズ)
(龍一くんと涼平くんが誰が曲紹介をするかで譲りあって)
(無言で涼平を見つめる)
「なんですか?」
「なんかもう龍一くんやり切ったて顔してますけど‥
彼はやりきった顔してるからもう出ませんよ。
ここはリーダーの涼平くんがまとめてよ!!」
「あいにーじゅーゆあへるぷー!!」
「ノー!!」
「プリーズ!!」
「ノ〜!!」
「プリーズ!!プリーズ!!」
(真ん中の階段で倒れ込んでだだこねる)
「ノー!!スタンド アップ!!」
(龍一立ち上がる)
「ゴー ヘブン!!!
「下界の皆さん、僕はいつも見守ってますよ」
「もう天国行っちゃったんだ」
「大阪のみなさんまだまだ行けますか?」
(イエーイ!!)
「まだまだ元気残ってますか?」(イエーイ!!)
「ラストスパート最後までw-inds.と楽しみましょう!!」

(MC3)

(四季の手拍子で一つになるとこ「大阪いいね〜!!」てずっと言ってくれてた。
慶太くん2番サビを派手に歌詞間違えて笑ってた)
「アンコールありがとうございます!!」
「今日はやばいね!!」
「みんないい顔してるね〜!!」
「すごいね〜!!」
「せっかく来たんだから楽しまないとね!!」
「今日のTシャツはどうしてピンクなんですか?」
「そこ聞いちゃいますか」
「昨日打ったじゃないですか〜
その血の色でピンクに塗り替えておきました」
「で、これが大阪限定のタオル。かき氷でいうと‥」
(ブルーハワイ!!)
「よくわかったね〜」
「いい色だよね」
「俺この色めっちゃ好き」
「このタオルいいにおいする」
「本当だ(腰のタオルに顔を当てて固まる)」
「ちょっと長すぎない?」
「何かボケようとしたけどダメでした。
最後ラストスパート行きましょうか〜!!」
(リーダー!!)
「リーダーって‥」
「まだまだ大阪行けますか?残り多分2曲‥
最後までw-inds.と歌って踊って騒ぎましょう!!」

(MC4)

(バンド、ダンサーがステージに集まって手を繋ぐと「もう1回」コールが。
1回スルー。みんなもいっぱい粘って‥)

「あのもう曲無いんですけど‥何十公演とやって来て
もう一回コール初めてで何も用意してないんです‥」
(ステージ袖でスタッフに気づいた慶太くんが一旦捌け。
ステージに残された涼平くんと龍一くんは向かい合って喋る訳でもなく‥)
「裏で大人の議論が凄くて僕もうすぐで殴られそうになりました。
ギリギリのとこで避けましたけど‥」
「僕がなんか歌を歌いましょうか?w-inds.かBIG BANGしか
歌えないですけど何がいいですか?」
(龍一くんが上手に捌け)
「龍一くん?ドラムやんの?一人じゃ無理だって!!ギター?」
(そうしてるとバンドさん再び登場)
「みんなw-inds.の曲だから全部出来るて思ってるの大間違いだよ。
1年以上やってない曲だしどうなるかわからないよ?譜面持ってる? 持ってない?」
「どうなるかわからないけど、みんなも知ってたら一緒に
歌ってね!!終わったら帰るように」

(何歌ってくれるんやろ〜ていうワクワク感で
会場全体が静まり返った時に懐かしいイントロ。嬉しすぎて泣いた‥)

「みんな歌えよ!!」

(大サビをみんなだけで大合唱。コーラス入れてくれてニコニコマイクを会場に向け‥
一体感が気持ち良くて、楽しくて今日参加出来てよかった。
Wアンコールに応えてくれたw-inds.とバンドさんスタッフさん本当にありがとう!!)

「凄いね〜やっぱりデビュー曲だから出来るのかな?」
「今日はありがとうございました!!
みんな気を付けて帰ってね〜次名古屋また応援来てください。」

(時間が迫ってたのか一人ずつ挨拶せずに帰ってしまった)
posted by 慶菜 | 20:49 | w-inds. Live Tour 2010〜Another World | - | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 20:49 | - | - | - |